将来を支える女性たちへ

これからの時代に求められる女性のあり方

働く女性の活躍とこれから

女性が多く勤務する職場として、注目されているのが、医師や看護師、薬剤師などの医療機関だといわれています。高齢化社会の波が押し寄せている日本においては、年々増加している、医療の現場で勤務をする担い手不足の問題が、顕在化してきており、深刻化しています。高齢化社会の問題については、人口ピラミッドを見ても明らかにこのような事態が起こることについては、わかっていたものの、対策が遅れてしまっているのは事実です。

このような事態については、厚生労働省をはじめとして、関連省庁でも把握しており、喫緊の課題として取り上げられています。むろん、地方山間部を中心にして、医師や看護師、薬剤師などの医療従事者不足に悩んでいる各医療機関においても、黙って手をこまねいているだけではありません。国や自治体に任せていても、その効果が期待できないことから、独自のノウハウを駆使して人材の確保に努めるなどの対策を講じているのです。

そんな中において、地元の女性を採用したいとする病院やクリニックの姿勢については頷けます。就職するにあたり、転居が必要なければ引越し費用などもかからないため、雇い入れる側にとっても助かります。とはいえ、働くことを希望する人がいなくては話になりません。そこで今、注目されているのが、短時間勤務の採用です。育児や介護などに追われている女性にとっても、比較的、就職しやすいとして脚光を浴びつつあります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です